2012年09月27日

「線維筋痛症」は改善できる―原因不明といわれてきた全身の激痛

「線維筋痛症」は改善できる―原因不明といわれてきた全身の激痛

患者数約200万人といわれる「線維筋痛症」。

全身に激痛があり、普通の鎮痛薬は効きません。

十分な診断法が確立されていないため、そして画一的な検査では異常が発見できないために、
誤った病名がつくことや精神科の病気として扱われることもあります。

しかし、最近では的確に原因を見つけて適切な治療を行うことで、症状が改善される例も数多く見られます。

本書では、線維筋痛症の症状から診断、治療、治療実績まで症例などを通して解説しています。



さらに、患者さんが実践している日常生活での工夫点や病気とのつき合い方も紹介。


この本のレビュー

医学書より解りやすい。
まだまだ解明されていないところが多い病気だからこそ
様々な症例(一部ではあるかも知れませんが・・)が載っていて解りやすい。

多くの人に読んでもらいたい。
気になっているひとはもちろん。
特に医療関係者の方々・・。

「治らない」「わからない」は、病気になっている人にとって
苦しい辛い、悲しい言葉です。
posted by ごりみ at 12:57 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする