2013年09月26日

うつ病に似ている「副腎疲労症候群」の症状4つ

うつ病に似ている「副腎疲労症候群」の症状4つ

「副腎疲労症候群」という病気は、今最も多くの人が悩まされている病気です。
にもかかわらず日本の病院では検査も治療もできないのが現状です。

症状を簡単に言うと、うつ病に似ていて、朝に起きられない。
また行動するのに時間がかかるようになった。何をしても楽しくない。

午前中に仕事に集中できない、すぐにパニックになるなどです。
そのような極度の疲労感や精神的な落ち込みが特徴です。


病院では風邪、うつ病などと診察されます。

この病気は疲れた副腎を治すことがポイントです。

英語圏の健康サイト『Mind Body Green』は「副腎疲労症候群」の4つの症状を紹介しています。

詳しくはこちらをご覧下さい↓
http://news.livedoor.com/article/detail/8094927/


posted by ごりみ at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 副腎疲労症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375822647
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック