2012年11月21日

気の呼吸法

気の呼吸法
●今まで呼吸法の本を何冊か読んできましたが、どうも実践を続けることが出来ませんでした。
意識するのを怠ると、すっかり忘れてしまうのです。

しかし、この本は極めて簡単です。
・リラックスをして正しい姿勢を取る
・ヘソの下の一点に心をしずめる
これなら続けられそうです。

● 新聞広告に出ていたこの本のことが早朝のラジオ番組でも紹介され、
とても興味深い内容だったので購入しました。

神道の“みそぎ”がルーツだという一見難しそうな呼吸法のことが分かり易く書かれています。
「正しい姿勢」や「心身を統一した状態」が呼吸法の基本だということがよく分かりました。

まずは実際にやってみることが大事だと思い就寝前に寝床で横になった姿勢で試みています。
リラックスした状態でできるので良い感じで続いています。

手足が温まって落ち着き、スーッと眠れます。
(15分以上続けると良いそうですがその前に夢の中です。)

タグ:気の呼吸法
posted by ごりみ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気の呼吸法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?

脳はなにかと言い訳するらしい

買い物でも何でも自分の選択が正しかったと、
もっともらしい「言い訳」を探し出す。

これは「後悔を嫌う」という本能のせいで、
だらこそ脳は私たちの人生を幸せなものにする事ができる。

重要なのはストレス解消ではなく解消方法を知っている事。

「つらくなっても俺にはこれがある」という思いが大事。
趣味を持つことは大切。

また脳の性質上、歳をとっても知的好奇心や注意力があれば記憶は衰えない 。

・・・などなどです。




posted by ごりみ at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳はなにかと言い訳する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

クレニオ・セイクラル・セラピー―ナチュラル・ヒーリングの試金石

CV−4テクニックはこの本に述べられている重要な手技の一つ。
本の最後のあたりに詳しく述べられています。

そもそも外科医である著者が脳の手術中に患者の脳脊髄液の動きに気付いたのが始まり。
そしてこのリズムには自己治癒力を発揮する何かがある事を知るようになります。

その方法は現代医学では投薬や手術などとなるようなものも
自己治癒力をクラニオセイクラルシステムが機能するよう、
そっと触れるだけの手技で機能させる事によって治癒していく。

また自閉症や多動などの子供が改善していく事も記されている。
また改善しなかった例についても誠実に触れられている。


素人でも安全に出来る手わざが後ろにあり、クラニオとはどのような手技か、
概要や歴史などを知るには十分な内容。


2012年11月08日

一人でできるCVー4テクニック

一人でできるCVー4テクニック

CVー4の効果をよく知っている人でしたら、

何とか一人で出来ないかと考えますよね。

簡単な装置ですがこれを使えば、

一人で出来ます。
KC3Z0011スチールポイント誘導器具
後頭部に置きます。

時間は15分ぐらい。20分を超えないようにします。
(寝てしまう場合がありますので近くにタイマーをおいてから始めるとよいでしょう。
長時間しすぎると体がだるくなる事があります。

毎日使うなら睡眠障害などの改善にも役立ちます。

2012年11月07日

CVー4テクニック

CV4テクニック


オステオパシーのテクニックに頭蓋仙骨療法というのがあります。

この頭蓋仙骨療法だけでもすばらしいいテクニックです。

その中で家庭でできるのがCV4テクニックです。

下の写真のように両手を合わせて、そこに頭を乗せてもらいます。

頭の後頭部を手のひらの親指の手首よりのところ(母指球)で支えます。

KC3Z0001cv5

そして15分ほどそのまま仰向けに寝ています。

それで終わりです。

仮眠状態に入る人もいます。

しかし目覚めはスッキリします。

cv−4テクニックで期待できる効果⇒ ここをクリックしてください


posted by ごりみ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | CV4テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする